• 公開 2015.9.17

ディズニーランド・シーの臨時駐車場事情

ディズニーリゾートに訪れるゲストは電車・バス・車の利用者に大きく分けられるのですが、小さな子供を連れてとなると車で行く人が多いのではないでしょうか?

そんなディズニーリゾートには総勢2万台もの車を収容できる駐車スペースが確保されているそうなのですが、駐車場事情はどうなっているのでしょう?

今日は車で行く人が気になるディズニーリゾートの駐車場事情(パーク)について解説していこうと思います。

駐車場は全部で11か所!

ディズニーリゾート臨時駐車場の地図

ディズニーランド・ディズニーシーの駐車場は、それぞれのパークに隣接する駐車場(画像のPマーク)と、第1から第9までの9つの臨時駐車場(画像で数字が入っているスペース)で構成されています。(ホテルや細かな平面駐車場は除く)

ディズニーランドパーキングが満車になると第1から第3までの臨時駐車場に案内され、ディズニーシーパーキングが満車になると第7駐車場に案内されます。(第6・第9駐車場の運用はパークの混雑度によってその都度異なります)

当然、早く到着した車から順番に誘導されるわけですが、土日祝ともなればあっという間にエントランス付近の駐車スペースは埋まってしまい臨時駐車場に誘導されることになります。

臨時駐車場に誘導されたら…

ディズニランドやディズニーシーのエントランスは1か所にしかないのはウォルトディズニーの哲学の一つとして有名ですね。

それ故、エントランスから遠い臨時駐車場に誘導されるとエントランスまでの距離もかなり遠くなります。もし、第2・第3駐車場に誘導されたら最寄りのベイサイドステーション駅からリゾートラインでランドに行くのも一つの方法です。

最果ての第6・第9駐車場の場合は「ゲスト・パーキング・シャトル」と呼ばれるシャトルバスがパークまで運転されますのでそちらを利用しましょう。

しかし、第6・第9駐車場に誘導されると言うことはかなり大勢のゲストが入園しているということですので「入園制限」に当たる可能性もゼロではありません。

最近は混雑予想サイトなども多数ありますから、このような私設サイトを利用して混雑の目安を把握するのも良いかもしれません。

一般的に、何もない平日であれば臨時駐車場は稼働することはないので安気なのですが、春休みや秋のハロウィンシーズンの土日ともなると、お昼前に第6・第9駐車場に誘導されることもありますので覚悟が必要です。

ちなみに、夏休みやお盆も混雑はするのですが、熱中症が懸念されるためか春秋よりは混雑度が低いような感じですね。

駐車場はいつオープンするの?

いずれにしても、子供と一緒にお出かけとなるとエントランスに遠い臨時駐車場は避けたいところですよね。そのため、「朝早く行こう!」と思われている方もいるかもしれません。

では、何時から駐車場はオープンしているのでしょう?

実は、駐車場のオープン時間は決まっていない(臨機応変)なのだそうです!

と言うのも、駐車場がオープンする前に到着すると、アトラクションのスタンバイのようにパーキングのエントランスを先頭に車列が作られます。その車列が周辺の公道まで溢れ危険と判断されるとオープンするそうです。

オープンするであろう車の台数は大体100-200台ほどと言われており、土日ともなると早朝3時・4時オープン、繁忙期だと1時・2時オープンもあるのだとか…

そう考えると、車中泊(前泊)も有効な手段のひとつと言えます。


関連記事

ディズニーおすすめ記事(リンク)

ページ上部へ戻る